筋肉・身体に関する基礎知識

【筋肉の左右差が気になる人必見】左右対称な筋肉にするための3つの対処法

投稿日:

「大胸筋の左右差が目立つなあ…」
「上腕二頭筋、明らかに左が弱い…」

こんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

筋トレ中級者以上になると気になってくる左右差。どうしてもこの差が埋まらなくて歯がゆい気持ちになりますよね。

そこで今回は筋肉の左右差が生じる理由とその対処法について解説していきます。

左右差が生じる3つの原因

まずは原因を探しましょう。人それぞれ様々な原因があると思いますが、一般的な原因は3つあります。

日常生活での負荷

1つ目が日常生活での筋肉の使い方です。

右利きの人なら何も気にせず右手ばかり使いますよね?

この日常生活での小さな負荷も積もり積もると大きな差を生みます。

他にもカバンを右肩にかけることによる僧帽筋の左右差、心臓がある左側の大胸筋の発達などがあります。

スポーツ経験

2つ目がスポーツによる左右の違いです。

ほとんどのスポーツは左右の筋肉を平等に使うことはありません。

例えばテニス経験者はラケットを片手で扱うため、左右の前腕・上腕二頭筋に大きな差が生まれます。

骨格の歪み

最後が骨格の歪み。日常生活、スポーツなどでほとんどの人が左右不均等な骨格に歪んでいます。

歪んだ骨格で筋トレをすると、左右で負荷に差が生じるため筋肉の左右差が生じます。

バーベル種目はやめた方がいい?

ここでよく聞かれる質問が

「バーベル種目は左右差を大きくするのではないか?」

ベンチプレスで左胸が強いと、そちら側をより使ってしまいそうですよね。

しかし結論から言うと、そんなことはありません。

これは両側性欠損という原理が働くからです。

両側性欠損とは、両手・両足を同時に同じ動きをすると弱い方に力を合わせて同じくらいの力を発揮するという原理です。

これを実感する方法として、両手を胸の前に合わせて押し合ってみてください。

腕や大胸筋に左右差があるのに動かないですよね?

これが両側性欠損が働いている証拠です。

ベンチプレスで左側は上がっているのに右側が上がらないのは左右対称のフォームが崩れてしまっているからです。

左右差を小さくする3つの方法

ではどうすればこの左右差を埋めることができるのでしょうか?

その対処法を3つ紹介します。

弱い方にワンハンド種目を追加

一番手っ取り早いのが、弱い方を重点的に鍛える方法です。

基本の筋トレは両手を使ってトレーニングし、最後の1種目でワンハンド種目を弱い方だけ数セット行います。

大胸筋なら、ワンハンドのダンベルプレスなどです。

弱い方の筋肉は総じてマッスルマインドコネクションが未発達なので、ワンハンド種目で効かせ方を習得することも出来ます。

整体で骨格矯正

2つ目が骨格矯正です。

ワンハンド種目で左右差を埋めても、骨格が歪んだままだとまた左右差が出てきます。

そのため整体で骨格矯正してもらうことをお勧めします。

ちなみに海外セレブ達は、毎回ワークアウトの前に専門の整体師に骨格矯正してもらってからトレーニングするのが主流らしいです。(羨ましい…)

また骨格が正しい位置にあると筋トレの質を大きく向上するので、トレーナーならば1度は行くことをオススメします。

日常生活を見直す

最後は日常生活から変えていきましょう。

カバンを両肩でかけられるバックパックにする、利き手じゃない方を積極的に使うなどをするだけで少しずつ左右差が埋まっていきます。

-筋肉・身体に関する基礎知識

Copyright© Fitness Guide , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.