筋トレのパフォーマンスを上げる方法

筋トレの効果を最大限に上げるウェアって?科学的観点から解説してみた

投稿日:

どんなトレーニングウェアを着てますか?

「どうせ汗かくから、学生の時に作ったクラスTでいいや〜」

なんて方も多いのではないでしょうか。

しかし、トレーニングウェアというのは意外にも筋トレの効果を左右するもの。

そこで今回はどんなトレーニングウェアを着れば良いのか、特性ごとの効果について解説していきます。

タンクトップなどの露出が多いもの

よくジムで見かけるのがゴリラ達のタンクトップ。

「筋肉見せたがりすぎだろ、キツイわ」

と思わないであげてください。実はちゃんと効果があるからタンクトップなのです。(一部見せたがりもいるけど…)

これは意識性の原理を用いるためです。

意識性の原理とは、自分が鍛えている対象筋を目で見たり、触ったりすることでその部位が効果的に使われるという原理です。

タンクトップなどの露出が多いウェアは筋肉の動きをしっかり見れるため、この意識性の原理が強く働きます。

そのため筋トレの効果が上がるのです。

単なるオシャレウェア

これはまあ、モチベーションの問題ですね。。。

特に科学的な効用はありませんが、モチベーションというのは科学的エビデンス以上に重要なものです。特に初心者の方のとってモチベーションの維持は何よりも優先すべきことなので、せっかくならおしゃれなウェアを買っちゃいましょう。

コンプレッションウェア

私がもっともオススメなのが、このコンプレッションウェア。

聞き馴染みのないものかと思いますが、わかりやすく言うと「ピチピチのウェア」です。

よくランニングをしている方や登山ウェアとして着ている方がいるやつです。実はこのコンプレッションウェア、筋トレの効果をあげる上で重要な役割を果たすのです。

ある研究(※1)によると、コンプレッションウェアを着てもスクワットの最大重量に変化はなかった。しかし、スクワット後に垂直跳びを複数回やらせたところ、コンプレッションウェアを着ていた被験体の方が平均的に高かったことがわかった。

つまり、コンプレッションウェアを着ている方が筋肉の疲労回復スピードが早いということです。

この理由は血管の循環がよくなるから、筋振動が抑えられるから、など様々言われていますが信ぴょう性はあまり高くありません。ただコンプレッションウェアが筋トレの効果をあげることは明らかです。

皆さんも一着くらい持っておいても良いのではないでしょうか。

筋トレのパフォーマンスを上げる方法に関する記事一覧はこちら

※1:Effects of compression tights on calf muscle oxygenation and venous pooling during quiet resting in supine and standing positions
Article (PDF Available)  in The Journal of sports medicine and physical fitness 46(4):548-54 · December 2006 with 1,454 Reads
Source: PubMed

-筋トレのパフォーマンスを上げる方法

Copyright© Fitness Guide , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.